ここがへんだよ著作権2〜印税って何?

とりあえず自分のための解説シリーズとして話を整理しながらゆっくり進めて行こうと思います。できるだけ嘘は書かないようにしたいものです。
さて、今回は著作権とそれにまつわるお金についてです。いわゆる印税は、もちろんいわゆる税金ではありません、印税。本好きの方は、「本が売れると著者に印税が入る」と言うのは聞いたことがありますよね。ところで、印税ってどういう権利の元、どうやってもらえているんでしょうか。

著作物は作者のものだけど

ある小説家が小説を書いたとしても、書いたことだけではお金にならないのは明白です。雑誌に掲載する際の原稿料及び出版されたときの印税が収入になります。しかし、何故出版社はお金を払ってくれるのか。大雑把に言うと、著者は、その著作物を使って商売をする権利を売り渡したからと言うことになります。雑誌を発行すると、雑誌の購買による収入及び広告収入が出版社の得るものとなります。雑誌は増刷されるものではないですから、原稿料を払うのは一度きりですが、書いたものが単行本化されたり、書き下ろしをしたりすると、書籍として出版されるわけです。このとき支払われる著作権使用料がいわゆる印税で、定価×印税率×発行部数を受け取る契約になるのが一般的です。ちなみに、売れた数ではなく、出版された冊数に対して支払われますから、増刷がかからないと一切追加では収入がありません。さて、そんなわけで、商売をする権利、すなわち、出版するもしないも、どうマーケティングするかも、雑誌に載ったものを単行本化するかも一切を出版社にゆだねる(とはいえそこは契約次第ですが)ことになるわけです。
書籍については、著作者と出版社とマーケットの関係がわりと目に見えやすいですから、あんまり違和感はありませんね。

音楽著作物では

さて、音楽の場合はどうか。これはかなり複雑な話になります。書籍の印税に当たるものはやっぱりあります。音楽の著作物については、作曲・作詞者は著作物そのものに対しての権利以外に演奏権や出版権も得ることができます。つまり、許諾を得ないと演奏できないことになり、ここについて使用料が発生することになります。そしてこれらの権利を音楽出版社などに契約して渡す代わりに、一定の額をもらうことになります。
ところで、作詞・作曲しただけでは音楽とはいえません。そう、演奏しないことには始まりません。ここで登場するのが「著作隣接権」という聞きなれない言葉。これは、実演すること、またそれを放送やCD化などして広く公衆に伝播する行為に対する権利で、演奏家やレコード製作者などが得られる権利です。これも、当然ながら、何がしかの契約を出版社などと結んでマーケティングしてもらう代わりに一定の額を得るわけです。

音楽著作物の複雑な権利

そんなわけで、音楽著作物には権利が発生し、お金のやりとりがあるポイントがいくつも存在します。これは面倒。自作自演アーティストなら、

  • レコードが売れたり楽譜が売れたりすると作曲者としての著作権使用料やアーティストとしての印税が入る
  • コンサートを行うと、(JASRACに)著作権使用料を払うことが必要だが、作曲者としての著作権使用料やアーティストとしての印税が入る
  • 放送で自分の曲が流れると作曲者としての著作権使用料やアーティストとしての印税が入る

ということになります。もちろん、このときに入るお金は、先に上げた出版社などとの契約によって決められたある一定割合の金額になります。

こうした複雑な権利があることから、著作権者や出版社などが正確に楽曲の使用を追跡することは難しいです。ここで、上もちょっと出てきましたが、音楽著作権管理団体としてJASRACが登場するわけです。JASRACの仕事は、このような権利関係を整理し、適切に使用料を集め、著作権者に還元することです。少なくとも、今の著作権とそれに関連する権利の複雑さを考えると、JASRACのような管理団体の存在はビジネスを円滑に行うためには必要不可欠に思えます。

続く。